器具を使用しないパーソナルトレーニング

筋トレだけがパーソナルトレーニングじゃない!!

器具を使用しないパーソナルトレーニングの勧め☆

パーソナルトレーニングと言えば、ハードなトレーニングを連想する人も多いでしょう。
自分一人では追い込めないし、きつい筋トレを1人では無理だからパーソナルトレーニングの価値はあるのかもしれません。

ただ、パーソナルトレーニングは、ハードな筋トレのみをするだけのものなのか?

それは、違います。

パーソナルトレーニングは、受講者さんの目的や目標、夢に向かってトレーナーと一緒に進めていくものです。

筋トレはそこに向かうための手段にすぎません。

達成できるならば、手段はどんな方法でも構わないと思います。

だから、筋トレ以外のメソッドをトレーナーによってどんどん組み込んでいきます。
ヨガ、ピラティス、ルーシーダットン、カキラ、体幹、ストレッチや整体など。

トレーナーによって行う内容は違いますが、ボディプランニングでは専任制にしています。
一度受け持ったトレーナーが責任もって最後まで指導致します。

【器具を使用しないパーソナルトレーニングは、このような方にお勧め♪】
筋トレが嫌いで苦手な方、運動が不得意で、筋力・体力に自信がない方
結果や成果を出すだけにフォーカスしがちですが、ボディプランニングでは、結果や成果は出て当たり前だと思っています。

一番大切にしていることは、体を動かすことを楽しんでもらうことです。
そして、コミュニケーションを大切にしています。色んなお話しをしてスッキリしてもらうことも必要だと思っています。
繋がりやコミュニケーションを大切にして、ボディプランニングに来て良かったと思って頂けると幸いです。

体作りを通じて、人生が好転し楽しく豊かになり、今後の人生に役立つものとして活用して頂くことが何より嬉しいことだとボディプランニングは考えています。

受講のご希望の方は、まずは体験受講を受けてみて下さい。
お会いできることを楽しみにしております。
体験受講は60分3,000円です。

お申し込みはお電話、メール(推奨)で可能です。

お電話:0925557444
メール:info@bodyplanning.jp

 

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp

ストレッチを効率的に!呼吸の方法 

ストレッチの効果を高めるための呼吸法を実践してみましょう!

ストレッチを行う時の呼吸法は、『ゆっくり息を吐き続ける』ことです。

吐き方は、「ハア~」と吐き出すのではなく、「ふぅ。。。」とストローから息を細く吐き続けるイメージで呼吸を吐き出してください。

鼻からゆっくり深く空気を吸いましょう。

その後、ゆっくりストレッチをかけていきます。

伸ばしながら呼吸を吐き続け、息が途切れたらその場所はもう一度大きく吸って吐きながら伸ばし続けます。

息が途切れて、再度吐きながら伸ばすとき、最初の伸ばしているポイントより、ちょっとだけ伸ばすようにしてください。

一気に伸ばそうという気持ちはいらないですよ!

最初に伸ばしてた位置より、ちょっと柔らかくなった感覚を感じ取ってみて下さい。

この繰り返しが、柔軟性を高めるポイントになります。
自分のペースで気持ちよくゆっくり行うことがとても大切です。

柔軟性を高めるには時間が必要です。

気持ちよく伸びている感覚を大切にして、呼吸法も意識したストレッチを実践してみて下さいね!

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp

ダイエットは体重より脂肪を減らそう!

こんにちは!代表の辻です。

ダイエットでは、どうしても体重をフォーカスしてしまいますよね?
仕方ないことなんですけど、出来るだけ脂肪だけを減らしたいと思いませんか?

脂肪を減らす方法は、体を使うことです。

体を使うことで脂肪をエネルギーに変えて使います。

なので、ジッとしててもなかなか脂肪は使われにくいのです。

運動なしで食事制限のみで体重が減ったとします。

体は動かしていないので、脂肪は減らず、筋肉が使われていないので筋肉が減ってしまう可能性があります。

体重は減ったのに肝心の脂肪が減っていない。。。

そうなると、筋肉によるエネルギーの代謝が減るので、もとの食事に戻すとリバウンド。しかも、痩せにくくなるというおまけ付き。。。

そんなの嫌ですよね?

脂肪を減らすには、筋肉を使うことが有効です。

筋肉を使うならどんな方法でも構いません。

ポイントは徐々に刺激を上げていくことです。

そして、焦らないことです。

脂肪はとても大きいエネルギーです。

1日、2日で何キロも減るものではありません。

今、頑張ったことは将来に繋がるものとして、自身の理想の姿を想像しながら楽しみに進めてみて下さい。

自身でイメージできれば必ずその姿になれます。

そう信じて楽しみながら運動を行っていきましょう!!

 

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp

ダイエット成功!ウォーキングで痩せる!?

こんにちは!代表の辻です。

ダイエットのためにウォーキングを積極的にしている人は多いと思います。

果たしてウォーキングで痩せられるでしょうか?

答えは、痩せることは可能です☆

痩せた人も多いと思います。

だけど、段々痩せにくくなっていませんか?

何故、痩せにくくなるのでしょうか?

それは、ウォーキングに慣れたからと、運動の強度が足りなくなっているということです。

ウォーキングに慣れるということは、ずっと歩いていると、体が歩くことに慣れて、最初の頃に比べて筋肉の負担やカロリー消費がグ~っと少なくなっているのです。
だから、体重が減らなくなるということが起こります。

運動の強度が足りなくなっていることから、何かしらの負荷を与える必要があるんです。

負荷というと、ダンベルかなんかを持って歩いたらいいのか?と思いがちですが、加重をかける負荷は最初は控えた方が良いです。
加重が増えると、膝の負担が大きくなり、ケガの原因になるかもしれないからです。

最初は、ペースを早くするなどで、強度を調節してみて下さい。

早歩きでも変化がなければ、ゆっくりのジョギングに切り替えてみてはいかがでしょうか?

こうやって、ちょっとずつ刺激を与えていくことで、体に与える負担も少なく、強度も徐々に上がっているので、ダイエットの効果は必ず現れますよ!

是非是非、お試しください♪

 

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp

炭水化物の摂取は1日1食にしてみませんか?

こんにちは!代表の辻です。

私は、炭水化物を摂るのは基本的に1日1回です。

お昼の時間に食べています。

夜は食べていません。

絶対に食べないかというとそういうわけではありませんが、基本は食べていません。

夜の炭水化物を食べない生活を10年以上続けています。

はじめのうちはきつかったです。。。

お米2合半食べている毎日を続けていましたから。。。

今は、食べなくても何ともないです。

むしろ、テレビで食卓の映像で白ご飯が映っていると、違和感を感じるほどになりました(笑)

食べなくなった理由はただひとつです。

夜は活動しないので、食べる必要性がないということです。

夜に食べた余剰のエネルギーは脂肪になるだけなので、それを避けたということが食べなくなった理由です。

夜炭水化物を食べないことで、体がきつくなったり異常になったことはありません。

むしろ、調子がいいです。

そして、今は1日に1回だけ炭水化物を食べています。

全く食べなくても問題はないし。食べない日々もあったくらいです。

お米、美味しいですよね(笑)

だから、1日1回は食べようと思って食べています。

我慢は良くないんで、我慢しないという感じで進めていますよ~

皆さんも良かったら実践してみてはいかがでしょうか?

ダイエットしているなら、炭水化物は1日1回を基本としてみましょう♪

 

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp

1日2食を実践してみませんか?

こんにちは!代表の辻です。

私は1日2食です。

朝を食べていません。

食べていない理由は、夜ごはんの時間が遅いので、朝はお腹すかないからです。

お腹すかないなら食べなくていい。

そんな感じです(笑)

無理して3食たべる必要はないと思っています。

お腹すかないなら食べなくていいし、お腹すけば食べればいいし。

なかなか体重が減らない人の特徴として、お腹すいてなくても、口さみしいからついつい食べてしまう。

ちょっと小腹がすいたからパンとかをついつい食べてしまう。

小腹すいたときはまだ食べる時間ではない。と決めておいた方が良いでしょう。

そこで食べなくても何も問題は起きません。

基本的にほとんどの人が食べ過ぎです。

ここを意識するだけでも体重は減ると思いますよ~

1日2食の実践はお勧めです♪

 

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp

ダイエット中の甘い物は食べたらダメ?

こんにちは!代表の辻です。

ダイエット中に甘い物を食べたらダメ!ってよく言いますよね。

ボディプランニングでは、甘い物は食べても良い。って言っています。

何故なら、我慢してまで頑張る必要はないからです。

食べたい物を1日でも我慢すると、その1日がもったいないです。

ただし、食べるなら条件付きにしてもらいます。

それは、「運動」と「食べる時間帯」です。

食べてもいいけど、その分の運動をしましょう。

食べてもいいけど、食べる時間帯はお昼の時間帯で食べましょう。

という感じです。

甘い物はご褒美として食べて構いません。

甘い物を食べることがモチベーションになって頑張れるなら、それはそれでOKなんです。

この方法で20kg体重を減らした人がいます。

なので、誰でも成功すると思ってます。

なかなか体重が落ちない場合は、食生活を一緒に見直していきましょう!

好きなものは食べながらの方が楽しいに決まってる♪

私はそう思います。

 

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp

ダイエットでは食事制限は必要!?

こんにちは!代表の辻です。

ダイエットでは食事制限が定番だと思います。

取り組みやすいし、手っ取り早く体重も減る。
ダイエットでは食事制限は当然のようになっています。

パーソナルトレーニングの世界でも、極端な食事制限と激しい運動をさせているところがあります。
それが良いか悪いかはここでは論議しませんが、どこでもやっている定番な方法じゃないかなって思います。

ここで質問です。

食事制限する日々はいつまで続けられますか?

一生続けることは可能でしょうか?

恐らく無理だと思います。

制限続きの日々って辛いし、楽しくありません。

だから、長続きはしません。

食事制限をして、体重が減ったとします。

食事制限をしない日々に戻すと、100%リバウンドが待っています。

そして、また食事制限しますか?

段々、嫌になってきそう。。。

体重を減らすことばかりフォーカスしすぎると、このようなことが起こります。

では、どこに着目するのか?

それは、減った体重を維持できるかどうか。
維持できてこそダイエット成功としてはいかがでしょうか?

ここを目標にした場合、食事制限の日々って難しいと思います。

ダイエットでは食事制限ではなく、食事管理が大切です。

食事管理が上手くいっていないから、体重が増えるということが起きています。
ここに早く気づいて、改善をする必要があります。

好きなものを腹いっぱい食べることが悪いことではありません。

ただ、それで体重が増えている現状があるならば、手をうたないと歯止めがきかなくなってしまいます。

日々を変えるには勇気がいりますが、理想を求めていくならば、一歩踏み出してはいかがでしょうか?

 

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp

柔軟性をあげるためには?ストレッチをやろう!

こんにちは!

柔軟性を高めるためには、ストレッチを行います。

そのストレッチをやる頻度を多く作ります。

まずはここまででも、十分に体が柔らかくなります。

柔軟性がなかなか上がらない人の特徴は、ストレッチの頻度が少ないです。

「よくお風呂上りにストレッチをやっています」という人が結構多いです。

「お風呂上りにストレッチやってるのに、なんで柔軟性あがらないんですか?」

という質問も多いです。

なんで柔軟性が出ないのかというと、ストレッチの頻度が足りないからです。

ただただ、これに尽きます。

では、どれくらいの頻度でストレッチを行えば良いのか?

・朝起きてストレッチをする。(体が硬く感じるなら朝風呂に入ってください)
・出勤する前や出かける前にストレッチをする
・午前中の間にもう1回ストレッチをやる
・お昼休みにストレッチをする
・休憩の時間にストレッチをする
・夕方にちょっとした合間にストレッチをする
・夜ご飯食べる前にストレッチをする
・テレビ見ている間、くつろいでいる間にストレッチをする
・お風呂上りにストレッチをする
・寝る前にストレッチをする

これくらい徹底してやれば100%柔軟性があがります。

時間がないから出来ないではなく、空いている時間を全てストレッチをやる時間に充てることが出来れば、体は必ず柔らかくなります。

ストレッチのやり方やコツはあるんですが、まずは頻度を高めること。
ここが非常に重要です。

是非、実践してみて下さい!

 

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp

体幹を強くする!その体幹トレーニングの方法は?

こんにちは!

体幹トレーニングってとても流行っていますね!
一般の方からアスリートまで幅広く取り組んでいて、良い傾向だと思います。

体幹を強くする為の方法にはポイントがあります。

そのポイントは

・しっかり負荷をかけてトレーニングすること

当たり前のことなんですけど、意外と出来てないことが多いのです。
長くキープしたり、沢山反復したりしていませんか?
一般的に、1分キープしたり2分やたりするところが多いような気がします。
これは、強化という観点かすると長すぎるのです。

筋持久力を上げたければ良いですが、狙うところは強くなることですよね?

1分や2分出来るということは、負荷が弱いということなのです。

では、どれくらいが良いのか?

それは、キープの時間は長くても40秒。そして、キープの時間は、短ければ短い方が良い。
この短いというのは、例えば10秒とします。
その10秒で限界を迎えるということなのです。

10秒しか出来ない負荷を与えて行うこと。
これが強くなる秘訣です。

反復運動の場合も同じですね。
100回とかしても強くはなりません。

10回前後の回数でやることをお勧めします。

5回以内でも構いませんが、負荷がとても強いのでフォームの崩れやケガの注意が必要です。

ボディプランニングで出来る体幹トレーニングを一部紹介します。

体幹トレーニング体幹トレーニング
ケーブルマシンを使用した体幹トレーニング
軸をしっかり作り、軸を崩さないようにしながら体幹を捻じるトレーニング。

体幹トレーニング
背中、脚、軸、バランスを含めた連動性も重視した体幹トレーニング

体幹トレーニング
アブドミナルローラーでのトレーニングは最高に良い!
やり方がありますので、間違えないように使用して欲しいです。

パワーバーストバッグ
水を使用したパワーバーストバックもなかなか良い♪

体幹トレーニングは無数にあります。
目的に応じて処方しますので、しっかり強化したい方はご相談下さい。

ボディプランニングのページに戻る。

ボディプランニングのフェイスブック

代表ブログ
http://ameblo.jp/bpseitai/

代表のツイッター
ID:@tsuji_bp